【PR】
 fraiseの宇宙旅行「オラクル滞在記」がブログになりました。
 『最後のフロンティア』である宇宙で、一息入れませんか?
 大航海時代Online経験者から見た「オラクル」をお伝えします。
 http://voyageur.sblo.jp/

2009年07月21日

fraise用語集

 こんにちは。fraiseです。

 私は普段からごくわずかな人だけが知っているような使用域の非常に狭い用語を使うことがあります。そこで、どういうものがあるのか少し書き出してみることにしました。

「商会」
・アドベ
 マルセイユ20番商館、「神聖アードベック商会」のことをいいます。私はこの商会にキャラクターを入れていませんが、香辛料がたくさん置かれているため、交易レベル上げするときによく使わせてもらっています。
・オル猫
 マルセイユ18番商館、「オルレアンの子猫」のことをいいます。追従キャラ一人がお邪魔しています。私はどの商会についても勧誘活動はほとんどしていませんので、使うときはもっぱら「オル猫にナツメグ(あるいは調整品)を置いています」という場合に使います。
・オロ
 ナポリ10番商館、「シグロ・デ・オロ(スペイン語、Sigro de oro:黄金時代)商会」のことをいいます。追従キャラ一人がお邪魔しています。ナポリにはあまり商品を並べませんが調整品を並べることがありますので、暴落調整をしてくれる方がいるときにそこのものをお使いください、という場合に使います。
・かすてら
 リスボンのNotosフレなし商会「かすていら騎士団」のことを指します。北仏領地の調整のために宝石を使うことが多いのですが、ここの商会はいつも宝石がショップにあるため、それを言うときに使うことがあります。
・九尾
 マルセイユ8番商館、「九尾の狐」を指します。追従キャラ三人がお邪魔しています。使う場面は「オル猫」に準じます。
・宮廷入りする
 ロンドンのとある商会に入ること。「宮廷」の定義があやしいですが、いくつかのイングランドの有力商会を入れて「宮廷」としているのでしょう。
・マリークレール
 マルセイユ11番商館、「marie・claire」を指します。追従キャラ一人がお邪魔しています。使う場面は「オル猫」に準じます。

「フランス」
・議長
 私はフランスに属しているため、議長と言えばフランス議長のことをいいます。
・なんと!
 ナントの香辛料、金などの売り相場がいいときに使います。そのほかの港のときは、「うほ」「おお」とかになります。
・ぼんそわー
 フランス語、Bon soir:こんばんはのことをいいます。
・ぼんじゅー
 フランス語、Bon jour:こんにちはのことをいいます。

「航海中」
・交易日和
 その海域には色ネームが一切おらず、安全に交易できることから交易日和と言っています。
・「交易日和」
 その海域に、ある人がいるときに言います。その場合、色ネームの人がたくさん寄ってくる場合があるので注意が必要です。
・刺さる
 船が陸に刺さる状態を指します。よそ見、もぬけ、寝落ち、裏作業、原因はさまざまです。
・増殖する
 津波が発生したあと救助スキルで復帰させると、一人しかいなかった船員が2(商用大型キャラック)〜5人(商用大型ガレオン)に増えることを言います。このとき、いったん白旗になるため忠誠度が0となり、ほとんどの場合反乱が起きて再び1人になります。
・敵性なし
 フランスに対する敵性艦隊がいないときに言うことがあります。しかし、私が敵性でないと判断しても、実は敵性であるという可能性もあるため、一応は注意しておいた方がよいでしょう。
・美酒
 入港許可のない追従を交易に連れて行くときは重宝します。
・燃える
 火災が発生して香辛料またはベルベット、ゴブラン織りが燃えることを言います。そのほかの燃えるものはほとんど運ばないためです。

「交易」
・1〜100
 単位は百万、すなわちMです。後述の「入れる」と一緒に使います。
・入れる
 投資することをいいます。
・籠もる
 マスリパダムに籠もることをいいます。私の縫製キャラはフランスかイスパニアであるため、もっぱらマスリパダムで織ることが多いためです。ただし、たまにカルカッタに出張することもありますし、織ったベルベットを落とす場所を探してインドをさまようこともあります。
・壺、壷
 海事ではマラカイボの湾のことを指す場合がありますが、私が使う場合は交易用語の方でマラカイボの港そのものを指します。「壺金96↓」などと言うことがあります。

「他国」
・暫定議会
 イスパニア暫定議会のことを指します。Notosワールド7ヶ国中、暫定形式の議会はイスパニアだけのためです。
・属州総督府
 ネーデルラント総督府にいるときに使うことがあります。しかし、ここに行くことは非常にまれです。
・Fra、F
 フランス
・Eng
 イングランド
・Esp
 イスパニア
・Ned
 ネーデルラント
・Osm、O
 オスマン帝国
・Por
 ポルトガル
・Ven、V
 ヴェネツィア

「その他」
・(リスボン)食堂前
 リスボン広場にある食堂の主人前のことを指します。「かすていら騎士団」商会員の憩いの場です。
・もぬける
 離席中、寝落ちなどですぐに操作ができない状態になっていることを指します。

「船」
・-18
 船の増減のことを指します。-18は海事にしか使いません。
・+18
 冒険や移動の際にも+18の船を使います。海事用と言わなければ、すべて+18になります。
・+-0、増減無し
 私が自分で造船するとき、あるいは小型、中型の海事用の船は増減無しを使います。

「裏キャラ、追従キャラ」
・英国宮廷見習い
・芹
・属州総督府見習い
・ベネチアカルテル見習い
・べるがも
・ぽいれ
・ミラさん
・ライチ
posted by cerise at 04:11| Comment(0) | 日記

2009年07月20日

騎士爵叙位

 こんにちは。fraiseです。

 しばらくの間交易をしていましたが、新たに加えた追従キャラの冒険修行をしていたところ、私が離宮に呼び出され、騎士爵に叙されることとなりました。

a09110.jpg

 そして、念願のフランス紋章を授けられました。

a09111.jpg

 さっそく船に取り付けてみることにしました。

a09112.jpg

 う〜ん! なんと誇らしいことなのでしょう!
 紋章もかっこいい!

 …しかし、伯爵への道はまだまだつづくのでありました。
posted by cerise at 03:21| Comment(0) | 日記

2009年07月08日

艦隊再編

 こんにちは。fraiseです。

 2艦隊とも同じ行動をとることがあまり多くなく、スクリーンショットを取る機会があまりありませんでしたが、本日メンテナンス明けでたまたま途中まで同じ行動をとっていましたので、スクリーンショットを取ろうとなんとか編隊航行をして一枚とれました。

a09109.jpg

 交易ツアーと違って一人で操作するので、こちらの方がまだ簡単と言えば簡単かもしれませんが…。
posted by cerise at 11:56| Comment(0) | 交易

2009年07月03日

廃商への道

 こんにちは、fraiseです。
 1→2→3→4→5というのは標準的なケースであり、あるいは、1→2→3→5という方もいらっしゃることと思います。しかし、このたび私は1→2→3→6とすることになりました。もちろん、見かけ上艦隊に入れる上限である5の方も、いろいろ理由があって6や7という方はいらっしゃいますが(元イスパニアの方とか…)、私の場合は4も5も飛び越えてしまいました。

 そして、5で艦隊組んでいたときに捨てキャラからですが洗礼を受けてきましたので(もちろんハラスメント報告をしましたが…)、いよいよ私もフランス廃商の戦列に加わることになりそうです。

 これにともない、軽クリッパー1隻(☆3)、無印クリッパー1隻(☆3)、商用大型クリッパー3隻(うち1隻は☆3、残りは☆1)、商用クリッパー2隻(☆1)、商用大型キャラック5隻(☆1)を、知り合い二人に発注しまして、無事納入されました。

 スクリーンショットは後日に…。
posted by cerise at 12:52| Comment(0) | 交易