【PR】
 fraiseの宇宙旅行「オラクル滞在記」がブログになりました。
 『最後のフロンティア』である宇宙で、一息入れませんか?
 大航海時代Online経験者から見た「オラクル」をお伝えします。
 http://voyageur.sblo.jp/

2010年10月12日

10月12日までのまとめ(2)

 こんにちは。fraiseです。
 引き続いてその他の出来事を記します。

・書記解任、副議長任命
 Notosフランス議会は新体制から2ヶ月がたとうとしていますが、このたびメンバーの都合により欠員が出ることとなり、旧体制から続けていました書記職を解任され、改めて副議長に任命されました。

a10092.jpg

 第一水曜日を担当することとなり元々商人なので投資の話がメインになりそうでしたが、日曜マルセ模擬を担当していたり、フランスPKK艦隊の企画、私掠商会との連携も行っていることから海事も受け持つことになりそうです。

・アジア大作戦
 ネーデルランドの海賊が東アジアで暴れているとのことで、数少ないフランス白ネ有志と、フランス私掠商会とが連携して作戦を遂行することに。

a10093.jpg

 しかしそこに立ちはだかったのはネーデルランドの海賊ではなくイスパニア海軍! 安全海域で大苦戦しながらも援軍を妨害するなどして補助し、2時間ほどかけてようやく東南アジアを脱出し当該海域に到着。ネーデルランドの海賊もそろそろ店じまいかと思ったらまだいたため白ネ軍団と交戦、援軍阻止と抜けクリ妨害に入ります。

a10094.jpg

 しかし、相手側に入って味方をサポートするのは結構難しいです。抜けクリ妨害したら味方と白兵戦に入って、慣れないうちは撤退が失敗して船員が減るし、その間に相手にチャンスを与えたりしますし、修理スキルを使えば相手を利することにもなります。

 あと面白い点があって、味方が撃沈されるごとにお金が入る音がして、戦績がついてしまうのです。すなわち、これをやり過ぎるとなんとも不名誉なカサドールになることも…。また海賊が討伐されるという扱いになるため、海域が一気に安全側に傾いて安全海域化し、私掠海賊の活動の場を狭めることにもつながってしまいます。

・フランス軍人vs航海舎
 普段日曜マルセイユ模擬で集まっているフランスメンバーと、在マルセイユ商会の航海舎との交流模擬を開催しました。回避操船の練習になると言うことで最初は7vs5と不利な条件で戦いを挑みましたが一勝も上げることができませんでした。その後は人数を調整して通常の交流模擬とし、在マルセイユ商会との親交を深めました。

a10095.jpg

 突然の申し出にもかかわらず、交流戦を快諾してくださりありがとうございます。

・日曜マルセイユ模擬での一コマ
 Notosフランス議会議長は、議会での議事進行や各種イベント告知の他に、フランスプレイヤーや在マルセイユ商会との交流にも進んで取り組んでいらっしゃいます。もちろん主催が議会に移ったマルセイユ模擬も例外ではなくこうして参加されているわけですが、

a10096.jpg

 ある意味、解職要求が成立した某国の議会よりも恐ろしい既成事実化…。交流行事の大切さを実感しました。

・商会乗っ取り
 ある意味、ホロの東に浮く戦闘用ガレオンx4艦隊のようになってしまったここの商会長、一時的ではありますがうちの追従キャラが乗っ取ってしまいました。

a10097.jpg

 定期船の発着港を変更した後安心してそのまま商会長を戻すのを忘れただけでしたが。

・レリックハンター?
 フレや知り合いにダンジョン探索によく誘ってもらいました裏番キャラですが、いつの間にかこんな称号を名乗れるようになっていました。

a10098.jpg

・ガレアス交易艦隊復活
 一時期フランス投資陣を支えた、ガレアスによる交易艦隊を率いたこのお方がキャンペーンにより一時的に復活されました。

a10099.jpg

 残念ながら洋上でのスクリーンショットは撮れませんでした。

・かすていら騎士団に投資
 TAKASHIGE騎士団長率いるかすていら騎士団は商会員数が40を超え、いつも造船に新人指導に大忙しです。そこでかすていら騎士団のさらなる発展を願い、11億ドゥカートを投資しました。

a10100.jpg

・日曜マルセイユ模擬近況
 16門砲が実装されてから初めてとなるマルセイユ模擬ですが、ひとまずは暫定で16門×4スロまたは、14門×4スロ+4門×1スロのルールとしました。これは以前土曜日に行われていたマルセイユ模擬と同等の火力ですが、どうやら底模擬の一般的なルールではなさそうです。そしてこのマルセイユ模擬に登場したこの船…、

a10101.jpg

 登場早々「ティッシュ箱」と呼ばれたこの船、どうやら普通にラ・ロワイヤルを拿捕できるぐらいの能力がある優秀な船だそうです。ただ機動力がなく戦列艦に翻弄されやすいようだったので、護衛艦が必要になるでしょう。

a10102.jpg

 マルセイユ模擬は国籍不問の他、PK・PKK関係なく参加できるため、今回はフランス私掠商会【H】やぱいおつ団の参戦もあり多いに賑わいました。仕込み爆弾可能、大型ラム可能、16門×4スロというアグレッシブなルールにより撃沈続発のハードな模擬ですが、商大ガレオンの方も一定の成績を出せるなどはじめたばかりの方でも楽しめる模擬でもあるかもしれません。
posted by cerise at 15:22| Comment(0) | 日記

10月12日までのまとめ(1)

 こんにちは。fraiseです。
 10月もいろいろありましたので2回に分けて記します。

・海事レベル制限解除
 この記事ではこの裏番キャラが主人公です。

a10103.jpg

 裏番キャラは海事レベル制限解除が可能となりましたのでマルセイユでイベントをスタートさせます。

a10078.jpg

 このキャラは2006年7月頃に、私が作られてから数日後に海事専門とするべく作られたキャラでしたが4年越しでようやくこの日を迎えました。ジェノスク同期の軍人はNFCなど模擬イベントに出たり、すでに退役軍人になったりということですのでかなり成長がゆっくりでした。

a10079.jpg

 裏番キャラは移動用の船を持っておらずいつも定期船やフレに寄生しながら移動していましたが、この日は交易をストップしてお供に戦列艦を引かせカリブに行きました。

a10080.jpg

 このイベントは3回戦闘します。フレの話によると1番目は楽勝とのことなのでお供を切り離して裏番キャラ一人だけで戦闘開始。

a10081.jpg

 敵AIの動きがかなり凶悪で一回沈みましたが、提督だけ狙ってなんとかクリア。2回目の戦闘のためハバナへ向かいフレと合流します。ハバナではちょうどジェノスク同期の商人の方が同じく制限解除をしていたようなので声をかけようとしたのですが、プライベートだったので声をかけられず、そのまま出航となりました。

a10082.jpg

 第一戦目の重キャラックからバージョンアップした第二戦目の艦隊。

a10083.jpg

 ここでまさかのラー油攻撃!
 フレ曰く、ラー油無いとやってられないそうですが、確かにこれは2人ではまともにできないレベルですね。

a10084.jpg

 そして二戦目終了。しかしこのメッセージの通り、補給や耐性立て直しの暇もなく三戦目に突入します。

a10085.jpg

 三戦目も重ガレオンですが、どうやら改良型AIの模様です。しかし、

a10086.jpg

 やはりここでもラー油。あと一人集めて3人でも難しいので、ここはフレのご厚意に甘えることにしまして、

a10087.jpg

 無事終了。先人達はこれをまともに相手にしていたわけですから、本当に頭が下がる思いです。そしてフレとはこの場で別れてマルセイユの軍人に報告するべく戻ると…、

a10088.jpg

 あれ?
 実は、サントドミンゴのエージェントに報告をしないといけませんでした。

a10089.jpg

 改めてサントドミンゴの潜入工作員に報告し、

a10090.jpg

 海軍士官に報告、50万ドゥカートをもらって、

a10091.jpg

 無事海事レベル解除となりました。
 現在裏番キャラは海事59でまもなく60に達します。62になればラ・ロワイヤル、64になれば装甲戦列艦と選択の幅がさらに広がりそうです。
posted by cerise at 14:16| Comment(0) | 日記