【PR】
 fraiseの宇宙旅行「オラクル滞在記」がブログになりました。
 『最後のフロンティア』である宇宙で、一息入れませんか?
 大航海時代Online経験者から見た「オラクル」をお伝えします。
 http://voyageur.sblo.jp/

2012年07月23日

かぼちゃ艦隊のおはなし

 こんにちは。fraiseです。

 Notosフランスオラクル入植地(PSO2のLycaon商会)では、休止したDOLプレイヤーの他、ネイティブPSOプレイヤーも加わり、内輪の商会としてはそこそこの人数でやっています。最近では、ヴィオさんが警視さんを誘われたのですが、この人がまたすごくスマートなプレイをする人で、テキトーにプレイしている私なんかあっという間に追い越されてしまいました。そういう彼と意気投合したのが、なんとあのハコ様! これと決めたらずっとやり込むプレイスタイルはDOLから変わらず、知識経験共に警視さんに匹敵するんじゃないかと思うぐらいです。いずれも、DOLだとお互い知り合う機会もなかったのですから、ほんと別ゲームという場はすごいなと改めて思わされました。

 いっぽう、DOLではまたしてもガッカリアップデートを強行、なすすべもなくモンペリエがオスマン帝国によって陥落させられ、影響度を削られてしまった模様です。これにより、ふっかけ回数に制限が出るなど悪影響を被ることになりました。元々このたぐいのアップデートは昔からあって、以前は使い道のない宝石を実装することによって暴落調整の幅を狭めたり、さかのぼればウィレムスタッド、カラカスと比較して使える交易品のないカイエンヌなどが代表例です。こういう、企画・運営サイドの病的なまでに偏執的な施策というものについて行けないというのが正直なところであり、月額プレイで遊ぶ値打ちがあるのかというと現在も疑問符をつけざるを得ません。

 もともとモンペリエは、要塞実装後の大海戦でも防衛戦に当たったことがありました。そのときはJA商会艦隊の総旗をつとめ、モンペリエに迫り来る精鋭艦隊を相手に勝つ見込みのない、しかもノーカン覚悟の戦を仕掛けて足止めをし、なんとか守り抜いたことがありました。そのときは、こんな戦いを続けてよく大海戦とか嫌いにならないよねと言うぐらい負けまくったのですが、目的意識をしっかり持った商会メンバーのみなさんは最後まで本当によく戦ってくれました。それだけに、今回のアップデートについてはJAのみならずみなさんさぞ落胆されたと思います。ご心中お察し申し上げます。
Cliquez ici pour continuer...
posted by cerise at 23:18| Comment(0) | Heaven'sDooR