【PR】
 fraiseの宇宙旅行「オラクル滞在記」がブログになりました。
 『最後のフロンティア』である宇宙で、一息入れませんか?
 大航海時代Online経験者から見た「オラクル」をお伝えします。
 http://voyageur.sblo.jp/

2014年08月31日

ご報告2

 こんばんは、ceriseです。

〜le 27 juillet 2013〜
2014_0035.jpg

 ファイル整理していたらこんなスクリーンショットが出てきて、旧Notosの軍人さんと1vs1をやった後でこういうことを言ったなぁと思い出しました。

 l'année prochaine
 (その一年後)

〜le 18 août 2014〜
2014_0036.jpg

2014_0037.jpg

 まさかほんとうに、固定艦隊の仲間としてこうして戦える日が来るとは思ってもみませんでした。
 今回はJAのノーキンさんをメインとしつつ、ほかにも部分参加的なメンバーも加入し、少しずつではありますが形作られつつあります。この日はこの艦隊としては初めてのリスボン底模擬に参戦、初戦としてはなかなかいい成績をおさめることができました。なかなか平日に練習時間を取りづらいですが、3度目の機会を逃すことなくがんばりたいと思います。
posted by cerise at 00:38| Comment(0) | Eosフランス

2014年08月24日

ご報告

 こんにちは、fraiseです。
 ワールド統合からはや3ヶ月が経ち、人びとの交流も深まりコミュニティも順調に統合されつつあります。ただ、今のEosをもっとよく知るには旧Zephyrosをよく知る必要があることから、今回交易関係の情報交換をかねて人材交換をすることになりました。お相手の商会は旧Zephyrosフランスの中核をなすこの商会。

2014_0033.jpg

 JAからはfraise以下3キャラ、Flambergeからはぎっしゃんの3キャラがそれぞれ「交換留学」のような形で入ることになりました。情報交換のほか、大海戦への参加などさっそく効果が出ていることもあり、今後も状況を見ながら進めていきたいと思います。

2014_0034.jpg

 大海戦のJA艦隊は、ぎっしゃんのほか、ダレンさん、ヘルニアたん、ろろしゃんなど他商会のみなさんのお力なくしては立ちゆかなくなってきました。そろそろ艦隊名を変えるときが来るのかもしれませんね。
posted by cerise at 22:30| Comment(0) | Eosフランス

2014年08月09日

もっとフランスの話、しませんか。

 こんにちは、ceriseです。
 Notosフランス議会が解散し、いわゆる「まつりごと(まがいなこと)」にはもう関わることは無くのんびりノーキンライフを楽しもうかと思っていましたが、大海戦、投資などの話ができる場はないものかという話が旧Zephyros出身者、旧Notos出身者の双方から出てきました。「どうして自分に?」と最初はテキトーに受け流していたのですが大海戦開催などにも関わることであるため、一度「集会」を開いてみようという流れになりました。

 ひとまずは興味のある人を集めて始めてみようと思いましたが、
2014_0032.jpg
 予想以上に多くの方々にお越しいただき、様々なご意見を頂戴しました。
 これまでのNotosフランス議会、あるいはZephyrosフランス会議でもそのようでしたが、その場にいる人で「決めて」から(議事録などで内容を告知し)あとは各個人の判断によって行動するか否かに分かれます。すなわち、これまでは告知内容を「決める」ところに重点が置かれ、(イベントなどは別として)「行う」ことに関しては各個人の判断に委ねられたままになっていました。

 ここには2つ考慮すべき点があり、1つは「決める」ことについて議会あるいは会議といった場で決められたことが、Eosフランスの総意として受け取られる可能性ならびにそれに付随した多くのリスク(内外問わず)などがあります。もう1つは「行う」ことについて、決定はするものの行うかどうかは参加者各個人の判断に委ねられるため、その実効性に何ら担保がないことです。
(もちろん、ある程度の指針を決めておくことでプレイヤーとしての目標が明確になり、また、その目標に一緒に向かうのか否かは各プレイヤーに委ねられる点でのメリットもあることは確かです。)

 このことから、(Eosフランス)集会においては以下の対案をもってこれまでの問題に取り組もうと考えています。

1.決めない集会
 決めることは指針を作ること、とも言えますが、この集会ではあえて採決を取ったり、あるいは採決結果を議事録、あるいはよりかみ砕いてwikiに掲載することはしません。

2.行う人を募る集会
 これまでのNotosフランス議会では、決定事項の遂行に担保が無かった(一種の空手形)状態でしたが、この集会では以下のフローで有志を募り、以降は有志の活動に一任します。ここでは便宜的に「プロジェクト」と呼びますがそれほどたいそうなものではありません…。

 問題提起(案件) → 討論 → プロジェクト骨子の完成 → 有志の募集 → プロジェクト成立/不成立

 問題提起ならびに討論はNotosフランス議会でもありましたが、そこから先は有志による活動に一任するため、有志を募るための「プロジェクト」骨子を作り上げ、そこから有志の募集を行います。そこで「プロジェクト」を遂行するために十分な人が集まれば成立、そうでなければ提起された案件は人びとの関心をひくことが出来なかったため没になるか、調整をした上で再提出になります。

 成立した「プロジェクト」は以降、有志による活動となるため集会から離れ相互不干渉の関係になります。ただし、繰り返し有志を募ることも想定されるため、その都度集会において活動内容などをアピールし、あるいは集会で質疑に答えたりすることも出てくると考えています。

 とはいえ、このやり方は自分でも初めてなので正直なところ試行錯誤が続く可能性は排除できません。なんとか興味のある人同士で、一つの目標に向かって活動に専念できれば幸いに思いますし、それはある意味模擬の固定艦隊にもつながる話ではないでしょうか(集会でフランス固定のノーキンを募ることもあるかも…?)。
posted by cerise at 00:33| Comment(4) | Eosフランス