【PR】
 fraiseの宇宙旅行「オラクル滞在記」がブログになりました。
 『最後のフロンティア』である宇宙で、一息入れませんか?
 大航海時代Online経験者から見た「オラクル」をお伝えします。
 http://voyageur.sblo.jp/

2016年08月15日

新3国実装11周年演劇

 こんにちは、ceriseです。

 新3国(ヴェネチア、ネーデルラントおよびフランス)実装11周年を記念し、つる恩歌劇団(つるの恩返し商会)さんとEosフランス議会のコラボレーションで演劇に出演しました。
2016_0042.jpg

 今回の演劇ではストーリーの序盤から出演の機会をいただき、ほぼ通して登場の機会がありました。
 最初、「演劇ってやったことないけど大丈夫かな」と心配に思ったものでしたが、台本通りにキッチリというよりもかなり裁量の幅が広く、自分で判断して間を置いたり、一言セリフを加えたり、あるいはエモーションを入れたりすることができたため、演じている場面をイメージしやすく結果としてすごくやりやすい内容になりました。


 演劇と言えば、今からもう6年前になるでしょうか。大航海時代Onlineを少し離れて、ハコ様や雪さん、かぼ君らと「パイオニア2」に滞在していたときに見かけた『メタヒ小屋』さんの演劇がすごくよくできていて、「こんなふうに演じられたらいいな」と思ったことがありました。pso1293374293.jpg
 その当時は、議会運営とPTによるPvP(模擬戦)は経験ありましたが、演劇というものの裏側はさっぱりわからなくて「やってみたいけど自分には縁はないかな」ということで終わってしまっていました。

 しかし、2015年にはフランス議会で企画を進めていた10周年記念祭につる恩さんが相乗りを表明され、演劇から議長挨拶までのリエゾンに出演することからおつきあいが始まりました。そして本年はみもりん議長がリエゾンをつとめることになり、私はスライドするような形で本編出演にシフトすることになりました。

 とはいっても、ユーザイベントと言えば議会やそれに関する大海戦運営程度であり演劇はまったくの初めてなので、開催前一週間はアテネ1番商館のつる恩さんの商館に「合宿」し、人知れずこっそりと練習していました。(Flamberge-JAの商会員から「いつ練習したんだ?」と言われました…)
2016_0043.jpg

 こうして無事演劇を終え今後についてですが、もともとフランス色の強いキャラクターならびにプレイヤーでもあるため、レギュラー入りについては丁重にお断りしました。あと、モンペリエ模擬の休止の話題につながることでもあるのですが、私のリアル事情があり今後もしばらくしっかりとした時間が取れない(実は「オラクル」側でもほとんど時間が取れない…)ため、大海戦や単発のユーザイベントに出るのが精一杯になりそうです。

☆おまけ★
 後日談…
2016_0044.jpg
 主演「男優」賞…!?
 ceriseは一応これでも、コーエーテクモが誇る「やわらかエンジン」の恩恵を受ける方の女キャラなんですが、セガの似たようなやつでも結構・・・・・・まぁ、あれですよ。
pso20160816_200304_014.jpg
posted by cerise at 18:54| Comment(0) | Eosフランス
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。