【PR】
 fraiseの宇宙旅行「オラクル滞在記」がブログになりました。
 『最後のフロンティア』である宇宙で、一息入れませんか?
 大航海時代Online経験者から見た「オラクル」をお伝えします。
 http://voyageur.sblo.jp/

2009年12月09日

世界の船(3)

 こんにちは。fraiseです。
 世界の船シリーズ最終回は、ドイツやフランス以外の船もご紹介します。時間が無かったので、5本マストで大クリみたいなプロイセン号は後日にご紹介します。

SANY0744.JPG

 オランダの74門砲戦列艦です。この模型に限らず、いずれもガラスのケースに入っているため、手持ちのビデオカメラの撮影機能ではとにかく写真が撮りづらくこのような写真ばかりとなってしまいました。説明の写真はかなり不鮮明で説明文もシンプルですので省略しますが、船名はワシントン号、1795年のものだそうです。

SANY0854.JPG

 こちらはおなじみスクーナーです。ただし2本マストです。

SANY0853.JPG

 1775年ごろのスウェーデン私掠船です。スクーナーは帆の特性がよく、少ない船員で動かすことができるとのことです。この船はどんな用途にも使えるよう作られており、商船のような完全な船体と、私掠船・戦艦としての鋭いラインを持っているそうです。

 甲板の長さ:29.8m 甲板の幅:8.9m

 次はコルヴェットです。ドイツとフランスのものがありました。

SANY0762.JPG

 こちらはドイツのNIXE号(1885年)です。説明は模型についてのことしか書かれていないので省略しますが、船員のモデルまで乗せた精巧なものだそうです。

SANY0840.JPG

 こちらはフランスのクレオール号(1827年)です。説明文の写真は容量の関係で省略しまが、3本マストのコルヴェットはフリゲートの下位に位置する戦艦だそうで、この平甲板コルヴェットは船首と船尾に小さな楼を取り付けています。とにかく早い船で、とりわけ偵察用途に用いられていたそうです。

 甲板の長さ:38.2m 甲板の幅:9.7m

 さて、ようやく今回のアップデートに沿う内容の船のご紹介です。最初見つけたとき、よくこんなものがベルリンの博物館にあったなぁと思いましたが、それはこちらです。

SANY0755.JPG

 タイトルは Schildkrötenschiff, Ende 16. Jahrhundert で、内容は eines koreanischen Kriegsschiffs だそうです。

SANY0758.JPG

 さすがにこれを翻訳するのはいろんな意味ではばかれますので、このわざとらしい英語の説明文を見てご理解ください。
posted by cerise at 01:54| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。