【PR】
 fraiseの宇宙旅行「オラクル滞在記」がブログになりました。
 『最後のフロンティア』である宇宙で、一息入れませんか?
 大航海時代Online経験者から見た「オラクル」をお伝えします。
 http://voyageur.sblo.jp/

2009年12月14日

アップデート前日

 こんにちは。fraiseです。
 東アジア実装を前に、みなさんいかがお過ごしでしょうか。

a09148.jpg

 昨日12月13日は、普段はゆったりした時間が流れるマルセイユもとても慌ただしい雰囲気でした。副官船長実装に備えて副官料理を作る人、東アジア勅命に備えて21時の定期船でジャカルタへ向かうべく準備する人、新副官実装に備えてマルセイユに待機される人、さまざまです。また、残念ながら東アジア実装を前に休止される方もいらっしゃいました。ともにフランスの東アジア勅命を達成し、日本に上陸しようと考えていた矢先の出来事でした。

 くわしくは別記事で書く予定ですが、副官船長にせよフリースタイル造船にせよ、あるいは商会の南蛮交易や専用定期船にせよ未確定要素がいっぱいな上、さらに国勢あるいは商会・団体の動きもあり、明日が見えない状況にあります。さらに、メンテナンス前日のそうした波瀾万丈な幕開けを予感させるような出来事もあり、期待と不安で胸がいっぱいです。

 しかし、次期アップデートでまずやらなくてはならないのは、日本へ入港するための勅命です。現在Notosフランスはオスマンを除くと総影響度最下位であり、勅命においては分母の数値が低めで優位にあると言えます。しかしながら、南米東岸や東南アジア一番乗りを果たしたネーデルラントもこの勅命をにらんで様々なアクションを起こしてきました。さらに、ヴェネツィアもプレイヤー数とその団結力においてはネーデルラントやフランスよりも優位にあると言えます。その中でNotosフランスはどのようにやっていくのか、勅命の先には南蛮交易が控えています。商会の値打ちを決めかねない要素もありますが、これも情報が集まるのはまだまだ先のことでしょう。この実装は、東アジア勅命を達成させてからが本当のオープニングとなるのかもしれません。

 ここからは少し個人的なことになりますが、追従キャラの在マルセイユ商会でおくやみがありました。私はいろんな商会にキャラクターを入れていますが、その中で一番長く在籍している商会の、チャットでもよく話をしていた方でした。私のセカンドは入会時点で36/61/20でありあまり支援を受けることはありませんでしたが、とても面倒見の良い方で「心強い味方」だと感じました。あるとき、その人の別キャラが所属する商会の商館獲得を手伝って欲しいと言われ、数キャラ派遣したこともあり、念願の商館を獲得することができました。また、フランス対象私掠宣言を出されたときは対象外にするのでキャラ名をメールして欲しいと言われましたが、どうせならあとで一対一で仕返ししようかとも考えていたものです。今となってはそれもかなわず、残念でなりません。謹んでおくやみを申し上げますとともに、心よりご冥福をお祈り申し上げます。
posted by cerise at 13:08| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。