【PR】
 fraiseの宇宙旅行「オラクル滞在記」がブログになりました。
 『最後のフロンティア』である宇宙で、一息入れませんか?
 大航海時代Online経験者から見た「オラクル」をお伝えします。
 http://voyageur.sblo.jp/

2016年08月15日

新3国実装11周年演劇

 こんにちは、ceriseです。

 新3国(ヴェネチア、ネーデルラントおよびフランス)実装11周年を記念し、つる恩歌劇団(つるの恩返し商会)さんとEosフランス議会のコラボレーションで演劇に出演しました。
2016_0042.jpg

 今回の演劇ではストーリーの序盤から出演の機会をいただき、ほぼ通して登場の機会がありました。
 最初、「演劇ってやったことないけど大丈夫かな」と心配に思ったものでしたが、台本通りにキッチリというよりもかなり裁量の幅が広く、自分で判断して間を置いたり、一言セリフを加えたり、あるいはエモーションを入れたりすることができたため、演じている場面をイメージしやすく結果としてすごくやりやすい内容になりました。

Cliquez ici pour continuer...
posted by cerise at 18:54| Comment(0) | Eosフランス

2016年02月22日

2月度大海戦

 こんにちは、ceriseです。
 2月の大海戦はEos、Astraiosともにフランスが主戦国となりました。

 Astraiosでは先月に引き続き領地防衛戦になったため応援に行くことになりましたが、その一方でEosも主戦国であることから留守にすることは出来ず、Eosフランス議会メンバーはまたしても二手に分かれてとりかかることになりました。

2016_0018.jpg
 結果として、まずAstraiosではフランスが3日間にわたり4カ所の要塞を守りきった上で、勝利ポイントは要塞ポイントからの借り入れ(=要塞ポイントでかろうじて勝つこと)もなく名実と共に勝利をおさめることが出来ました。Eosでも軍師のすばらしい采配により1日目と3日目に難攻不落であったベルゲンが陥落するなど勝利をおさめた模様でした。

 次回以降も原則としてはEosの大海戦に出ますが、領地防衛戦が絡むケースにおいては柔軟に参加先を変えていきたいと思います。

posted by cerise at 16:45| Comment(0) | Eosフランス

2016年01月25日

Eosフランス議会に再登板

 こんにちは、ceriseです。
 さぁ、議会を辞めて「摸擬などイベント活動」をしようと思った矢先、副議長に推挙されてしまいました。

 信任投票当日に、
2016_0017.jpg
 だとかなんだとかいろいろ言ったあげくに、所信表明演説も終始摸擬とか対人戦の話でやる気があるのかないのかわからないように思われたかもしれません。しかしながら、結果として満場一致で信任を得て、議長退任後ひと月もたたないうちに議会へ再登板となりました。退任時に触れた、摸擬・対人戦というキーワードが、ひょっとしたら今後のEosフランスを決める、と判断されたのかもしれません。いずれにせよ、新Eosマルセイユ模擬の復活など既定路線を突き進むことにはなると思いますが、よろしくお願いします。

posted by cerise at 16:33| Comment(0) | Eosフランス

2016年01月18日

1月度大海戦

 こんにちは、ceriseです。
 今月の大海戦は、Eos、Astraiosともに総影響度の順位が大きく入れ替わり、変則的な動きが続きました。

 Eosではヴェネチアvsポルトガルの大海戦が開催されようとしましたが、まさかの静観票が58%も集まりお流れになりました。ヴェネチアが攻める側で、海戦海域はアガラス岬、紅海、バンダ海、ナミビア沖、喜望峰沖のうち、紅海が34%を集めているため、特に大きなリスクが見られなかったのですが、どうやらアトランティスの加護の仕様が対人戦に及ぶことに対する抗議の意味で静観票が集まった模様です。私もEosフランス議会ならびに公式BBSに残した議事録でこの件に触れましたが、本当にユーザ視点で開発をしていたらこのような不手際は考えにくいのですが、開発陣の内心としては「まぁ、いいか」で実装してしまったのでしょうか(動画では「まぁ、いいか」のあとに重大な結末を迎えてしまいます)。

 いっぽうのAstraiosでは別の問題が出ていて、対戦カードこはポルトガルvsフランスでここまではEosと同じような状況ですが、連盟相手としてポルトガルにはイスパニアとオスマン帝国、フランスにはイングランドと、プレイヤー人口基準で言う大国+大国+オスマンvs小国+大国という対戦カードが現実化してしまいました。当事者としても、普段連盟相手であるポルトガルとの対戦に戸惑いは隠せなかったようで、われわれEosフランスのプレイヤーの耳にも入ることになりました。これについてはEosフランス議会でも例がないほどに参加を呼びかけることとなりました。

・二日目
 金曜日は時間の制約で参加できなかったため土曜日からの参戦です。

2016_0003.jpg
 旗をやる機会が以前よりも格段に多くなってきたため、TAKAさんにドーファンロワイヤルを作ってもらって投入、まさかその初戦の対戦相手がポルトガルとは思いもしませんでしたよ…。

 さらにいつも通り中型から始めるつもりで段取りをしていましたが、商会員からの強い要望があって小型から参戦(しかも、いつの間にか艦隊まで編成されていた…)、NPC専の方々も入られていたので手堅い方法を模索しながら要塞砲撃、敵がやってきたら「打ち方やめ〜」の繰り返しでした。

・三日目
 三日目も、小型戦で戦功を稼ごうという提案があり、二日目同様小型からのスタートとなりましたが…、
2016_0004.jpg
 いきなりの嵐。

 大海戦開始したら無条件で終わるのかなと思ったらそのまま続いていたため、1分ロスでスタートしました。小型も対波性能あげておけば、とりあえず移動できたなーと思い、ドーファンロワイヤル導入に引き続き小型船の強化も宿題となってしまいました。

 この日はどんな人が集まってきたのかはっきりと理解出来ていなかったのですが、どうやら根性のある人々だったのでペア旗から「慎重に!」と言われるまで、やや対人戦の多い展開にしました。その後はやはり工作&砲撃、そして司令の封鎖および解除などにも当たりました。

 かつてない厳しいコンディションであったAstraiosフランス防衛戦の結果は、
2016_0005.jpg
 プレイヤー人口を基準とした、大国+大国+オスマンvs小国+大国でここまで粘り、かつ、要塞陥落ゼロという戦果は、状況を考えれば敗北と言うよりも勝利・・・は言い過ぎかもしれませんが、防衛成功と言えるかもしれません。フランス参加者も日に日に増加し、最終日は非公式集計でイスパニアに迫る参加者を記録しました。

2016_0006.jpg
 これだけ底力のあるAstraiosフランスに羨望のまなざしを向けつつ、Astraiosマルセイユをあとにしたのでした。

Cliquez ici pour continuer...
posted by cerise at 21:11| Comment(0) | Eosフランス

2016年01月12日

Eosフランス議会議長退任

 こんにちは、ceriseです。

2016_0002.jpg

 1月10日をもちまして、Eosフランス議会の議長を退任することとなりました。
 在任中は並々ならぬご愛顧を賜り、厚くお礼申し上げます。なお、後任としましてみもりんさんが第2代Eosフランス議会議長に就任しましたので、あわせてご報告申し上げます。



 退任挨拶の中でも触れましたが、元々大航海時代Online中の議会というのも、上納品もなくPKKがもっと組織だって動いていた時代に自然発生したものですから、月額スターマリオなんて実装された今日では必要性が薄まっているのではないかと就任時は思っていました。しかし、大海戦の連絡や偶発的なインシデントなどで他国との窓口役としての実際の活動例からも、まだまだニーズがあるのではと思うようになりました。しかし、議会を運営することが目的ではなくその先にあるものが目的であると感じたときに、それの実行にあたり議会の運営という荷が勝ってしまう状況では先に進めないため、周囲…特に一番信用してくれていた牛さんの反対を振りきるかたちで退任を決意しました。

 今後についてはEosフランスwikiの「マルセイユ前摸擬」ページにて少しずつご案内を行う予定ですが、新Eosマルセイユ模擬の立ち上げに向けて、現在行われている摸擬に参加したり、あるいは摸擬に参加されようとしている方々のご意見を拝聴した上で方向性を定めたいと思います。

posted by cerise at 21:20| Comment(0) | Eosフランス